弊社の健康経営への取り組みの紹介

健康経営宣言

【健康理念】

心と体の健康づくり、一歩前へ!

当社は経営理念「みんなにとって良い会社」、基本方針「昨日と違う明日の創造」行動指針①元気であること ②夢、志を持つこと ③学び続けること④考動を起こすことを掲げています。                                   

2016年12月、健康企業宣言を行い、2019年、2020年、2021年と健康経営優良法人の認定をうけ健康づくりの取り組みを積極的に行っている企業とし2021年には全国健康保険協会愛知支部より健康宣言優良事業所として「銀賞」の表彰をうけました。

今後も健康経営を推進することで、社員一人一人の心と体の健康づくりに努め「健康理念」を一歩前へ進めてまいります。

【健康経営推進体制】

【2021年社内アンケート】

【メンタルヘルスケア推進に関する数値】

・ストレスチェック受検率---100%
・仕事量負担・コントロール判定は健康リスクA判定で全国平均に比べ0.4ポイント低い
・睡眠時間平均6時間~7時間の割合---60%
・質の良い睡眠を心がけている---70%

【禁煙推進・受動禁煙防止対策に関する数値】

禁煙者率  13%→9% (昨年比較 -4%)

【ワークライフバランス推進】

平均年次有給休暇取得日数 9日→12日 (昨年比較+3日) 
平均年次有給休暇取得率  50%→60% (昨年比較+10%)

生活習慣の改善

【ワークライフバランス推進】

心と体の健康づくりとして、管理栄養士との個別面談を行う事で改善が大きく数値としてあらわれている。

【食生活コミュニケーション】

管理栄養士による献立とカロリー計算された食で昼食弁当会の実施

安全体感研修センターの予約方法に関して

平素より弊社の安全体感研修センターをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2021年8月1日より、安全体感研修センターの予約方法を変更させていただきます。

従来はお電話にて空き状況をご確認の上、FAXまたはメールにてお申し込みを頂いておりましたが、変更後は当WEBサイト上の予約カレンダーより空き状況を確認することが可能で、ご予約もWEB上にて直接可能となります。

ご予約にはユーザー登録をして頂く必要がございますが、こちらも8月1日からの開始となります。

また、8月1日以降に従来の方法でお申し込み頂かれたお客様には、新規予約方法へ案内させて頂く場合がございますので、ご了承の程お願い申し上げます。

今後も弊社の安全体感研修センターを宜しくお願い申し上げます。

【ご案内 7月~10月】安全体感研修センターご予約につきまして

安全体感研修センターの予約状況につきまして、10月末までの開講日全てが「満席」となりました。

当社研修センターのご予約希望のお客様につきましては、11月以降でのご案内となります。

あらかじめご了承ください。

ACSEL5151 落下衝撃測定安全体感装置Light

スパナ等の工具やボルトやナットなどの落下、鉄板が倒れた際の衝撃値を測定する装置です。
衝撃を数値で確認することにより、低い高さからの落下や倒れでも十分な危険性がることを学べます。
また、割り箸を使用して鉄板が倒れたときの衝撃、威力を体感することができます。

装置の概要

電源AC100V 15A
エアー圧0.5Mpa
外寸W680mm x D535mm x 1680mm
重量約70kg

ACSEL6000 PLC学習キット

異なるメーカーのPLC,実習機を使用し、電気制御について学習するキットです。
実際にプログラミング作業を行い、異なるメーカーのPLCによる電気制御の違いを学習します。

装置の概要

電源AC100V 15A
エアー圧—-
外寸本体:W600mm x D400mm x H800mm
操作盤:W300mm x D200mm x H320mm
重量本体約80kg 操作盤約10Kg x 3

安全体感装置シリーズが、累計出荷台数800台を超えました。

2017年9月19日、弊社の安全体感装置シリーズ(ACSELシリーズ)の累計出荷台数が800台を超えました。

5年ほど前までは年間出荷台数は50台前後でしたが、近年では知名度向上の効果もあり年間100台を超えるペースとなっております。

現在のシリーズラインナップは、主に製造業(工場構内)で多く発生している労働災害に対応した教育装置が中心ですが、今後は食品加工、建設業、介護業界など、より多くの産業(労働災害)に対応した安全体感装置を揃え、多くの産業の労働災害防止に役立てて頂けるように努めてまいります。

中部経済新聞に安全研修センター2号館及びVR連動型安全体感装置が紹介されました。

先日の東愛知新聞に続き、中部経済新聞でも研修センター2号館の内覧会の様子を記事にしていただきました。

地震VRに関しては、従来弊社が開発してきた労働災害教育訓練装置とは色合いが異なりますが、

今後は自然災害対策にも力を入れていき、一般企業以外でも地域の皆様など一般の方に役立てれる

装置開発に力を入れていきます。

東愛知新聞で研修センター2号館、VR体験装置が紹介されました。

2017年8月2日発刊の東愛知新聞にてにアジアクリエイトの記事が掲載されました。

紹介された内容は、8/1~3に内覧会を行った「安全体感研修センター2号館」と、VR連動型安全体感装置です。

様々なところより弊社の研修センター及び安全体感装置に関心を持って頂き、非常に嬉しく感じるのと、

当該装置が安全教育に対して社会的に非常に大きな役割を持ってきたと感じております。

安全研修センター2号館 内覧会を実施

現在開設を進めております「安全体感研修センター2号館」の内覧会を2017年8月1日~3日の間実施しました。

「安全体感研修センター2号館」は主に建設業従事者に向けた内容を中心として構成しております。

また開発途中ではありますが、VR連動型安全体感装置も体感して頂き、製品化に向けて多くの意見をいただけました。

2号館の正式開講日は現時点では9月中旬~後半を目安に進めております。

開講後は是非大勢の方に体感して頂き、安全教育に役立てて頂きたいと思います。




第四回 労働安全衛生展に参加

2017年7月19日~21日に東京ビッグサイトで開催された第四回 労働安全衛生展に出展しました。

一部の安全体感装置と、現在開発中のVR連動型安全体感装置(ローラー巻込まれ体感)をブースに準備しました。

例年以上の方に弊社の安全体感装置を見ていただけた事が、非常に嬉しく感じております。

今後も、安全衛生に関わる展示会等には積極的に参加していきます。


アジアクリエイト株式会社
TEL 0533-84-5581 メールでのお問い合わせ このページのトップへ

ホーム

安全体感装置

安全体感研修センター

安全体感装置ラインナップ

産業用自動化装置 設計・製作

会社概要